ストレッチマーククリーム

今回紹介する「ストレッチマーククリーム」は妊婦さんでも安心して使えるボディ用スキンケアクリームです。

 

妊娠中にお腹が大きくなると皮膚が引っ張られ、出産後には「たるみ」や「割れ目(妊娠線)」などを生じがちになります。これは若い妊婦さんにとってはショックなできごと。

 

美容意識が高まるにつれ、妊娠中や出産後も綺麗な肌でありたいというのは全ての女性に共通の願いでもあるのです。そんな妊婦さんたちの声によって誕生したのが「ストレッチマーククリーム」です。

 

 

安全性には最大限の配慮をしました

 

この製品は妊婦さんの声によって誕生したボディケア用のクリームです。まだお腹の中に赤ちゃんがいるときも使うものだから安全性には最大限の配慮を行っています。

 

 

その取り組みの一例が次にあげる通りです。

 

  • 医薬品製造に準拠した国内工場で製造
  • 健康食品グループによる徹底した品質管理
  • 化学的な根拠に基づいた有効な製品開発

 

です。また使い方はとても簡単!クリーム適量を手に取り、お腹全体になじませるようにクリームを塗りこむだけです。

 

 

「ストレッチマーククリーム」は妊娠初期から使うことでさらに確実な効果を発揮します。

 

 

したがって妊娠1ヶ月目のまだお腹が目立たない時期からの使用をオススメします。

 

 

*マタニティークリニック(産婦人科クリニック)においても妊娠中のスキンケアの重要性が指摘されています。

 

ママの肌を綺麗にするのは「めぐりのチカラ」

妊婦さんにとって最大のストレスは「妊娠線」の出現ではないでしょうか?

 

 

妊娠線は新しい命を授かった証でもあるのですが、綺麗でいたいという女性としての心理では避けたい肌トラブルです。

 

 

妊娠線ができてしまう理由は胎児の成長とともにお腹が大きくなるスピードに肌が追いつけなくなってしまうからです。

 

 

一度妊娠線ができてしまうと出産後もなかなか消えません。これは伸びた肌がたるむことで溝ができ、その溝は元には戻らないからです。

 

 

そこで、化粧品で使われる肌のハリと潤いを保つ有効成分(化学的に裏付けされた根拠がある成分だけ)を原料とし、妊娠中に乱れがちなめぐりを改善して「妊娠線」ができにくい肌にすれば良いという結論が導き出されました。

 

 

だから「ストレッチマーククリーム」は妊娠初期のまだお腹が大きくなる前から使うのがオススメです。

 

 

また、肌のめぐりを改善する「葉酸」の力で妊婦さんのスキンケアをしっかりとサポートします。(葉酸は妊娠サプリでも用いられている安全性の高い成分です)

 

これまでに175万本も売れている大ヒット商品です。

 

念願の妊娠…女性にとって最高の喜びでもあるこの一大イベントを迎えて嬉しい半面、急激な環境と体の変化についていけない気持ちもありませんか?

 

 

それはなぜか。

 

 

これから「母親」になるあなたのお腹は日に日に大きくなっていきます。

 

 

するとどうしても「生むまで」と「生んだ後」を心配してしまいますよね。

 

 

大事な赤ちゃんを育てるお腹にママができることはないのでしょうか?

 

 

また、今は喜びでいっぱいだと思いますが、産後の「妊娠線」という問題もあります。

 

 

ママになるために妊娠線は仕方がないことだと諦めていませんか?

 

 

これらの悩みにちゃんとケアできる商品があります。

 

 

それがストレッチマーククリーム。

 

 

妊娠直後のマッサージクリームとして、また、産後の妊娠線対策としてずっと使っていただけるケアクリームです。

 

 

まず、妊娠4〜5か月になってくると、肌質が変わり、お腹がふっくらしてき始め、乾燥します。

 

 

このころからストレッチマーククリームを使い始めましょう。

 

 

このころから使い始めると、お腹の中の赤ちゃんとのスキンシップの時間が増え、赤ちゃんは安心してすくすくと育ちます。

 

 

スキンシップは絆を深める最高のアクションです。

 

 

これから生まれてくる赤ちゃんとの絆を深めるために、この時期から積極的に使用しましょう。

 

 

妊娠6〜7か月くらいになるとお腹もそれなりに大きくなり始めます。

 

 

このころからお腹の皮が引っ張られていわゆる「産後の妊娠線」の原因になります。

 

 

まだ皮が引っ張られているので目立ちませんが、産後確実に皮がたるんで妊娠線の発生原因になります。

 

 

ストレッチマーククリームには皮を元に戻そうとする効果がありますので、このころからきちんとケアしていけば産後の妊娠線の発生を緩和できる可能性があります。

 

使用方法は簡単、マッサージ不要で塗るだけです!

無事出産が終わり、かわいい赤ちゃんと過ごす毎日は大切な宝物だと思います。

 

 

しかしそれと引き換えにお腹に残った妊娠線…

 

 

この皮の引き締めに引き続きしっかりボディケアをしましょう。

 

 

なぜ、このストレッチマーククリームが妊娠線の改善に効果を発揮するのでしょうか?

 

 

この製品には「葉酸」という成分を含んでおり、この成分が体の「めぐり」をサポート。

 

 

めぐりというのは、皮が引っ張られて、皮の表面にできた亀裂を、正常な状態に戻そうとする力のこと。

 

 

これを強力にサポートするのがこの葉酸です。

 

 

強力な引き締め効果以外にも女性のことを考えたポイントがたくさん。

 

 

まずはヘスペリジンというじんわり温まる成分で女性の大敵である「冷え」を抑えます。

 

 

きつい匂いが苦手という方のために、クリーム特有の脂っぽい匂いを押さえてアロマの香りにしました。

 

 

妊娠中、心と体に変化を起こしやすい女性のためのリラックスできる香りです。

 

 

そして体に使うものだから、安心安全の「純日本製」。

 

 

敏感な女性のお肌のことを第一に考えました。

 

 

妊娠中の女性のお肌のケアと妊娠線のケアが一度にできるストレッチマーククリーム。

 

 

おなかの赤ちゃんとあなた自身のために、是非一度お試しください。

 

妊娠線の予防にはストレッチマーククリーム

 

つわりや頭痛など妊娠初期の悩みが収まってきた頃、今度は妊娠中期の症状に悩まされる方が多くなります。

 

 

妊娠中期に多くの方が悩まされる症状に妊娠線があります。

 

 

ある調査によると、妊婦さんの7割以上が妊娠線に悩まされているそうです。

 

 

妊娠線は、妊娠5か月から7か月ぐらいにできやすくなります。

 

 

これは、肌の伸びがお腹の大きくなる速度に追いつけなくなるからです。

 

 

伸び切った肌が真皮で断裂を起こした時できるのが妊娠線です。

 

 

残念ながら妊娠線は完全に元に戻すことはできません。

 

 

そこで、妊娠線を予防するために、ストレッチマーククリームをおすすめします。

 

 

妊娠線の予防には保湿ケアが大切です。

 

 

肌に潤いがあり柔らかい状態なら、お腹が大きくなる速度についていくことも可能になります。

 

 

あまり体重を増やさないこと、脂肪をつけないことも大切ですが、お肌に潤いがあることも大切です。

 

 

実際、乾燥肌やアトピー体質の方は、妊娠線ができやすいことがわかっています。

 

 

ストレッチマーククリームには、めぐり成分である葉酸が豊富に含まれています。

 

 

葉酸は、妊娠中に必要な栄養素として知られていますが、お肌のケアにもとても役立ってくれる成分です。

巡り成分、葉酸が配合された無添加クリームです。

葉酸をたっぷり摂ることで、肌の成長を促し、元の状態に戻るサポートをしてくれるというのですから注目です。

 

妊娠線の予防にも、できてしまった妊娠線の修復にも、葉酸がすぐれた効果を発揮してくれることは数々の研究によりわかっています。

 

さらに、葉酸とともに配合されているヘスペリジンが、冷えてしまいがちな女性の体をじんわりと温めてくれるため、さらにめぐりを良くすることが可能です。

 

 

葉酸とヘスペリジンの2つの成分は、ともにめぐりを良くする成分です。

 

 

肌の成長を促してくれるので、お腹の大きくなる速度に追いつくことも可能になります。

 

 

お腹など広い範囲に塗ると、ベタつかないか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

ストレッチマーククリームは、テクスチャがさらっとしていてベタつきません。

 

 

さらっとした感触でベタつきが気にならないため、朝晩たっぷり塗っても大丈夫です。

 

 

爽やかなビターオレンジの香りなので、油の臭いが気になる方も安心です。

 

 

オレンジの香りが嫌いな方はそれほどいらっしゃらないでしょう。

 

 

天然の精油アロマの香りなので、心のケアにも役立ってくれます。

 

 

妊娠中は何かと気になることが多いものですから、精油アロマの香りで癒やされながら妊娠線ケアをしましょう。

 

>>ストレッチマーククリーム公式サイトはこちらから<<